フレピュアの成分はすべて安全?どうやってニオイに働きかけているの?

口臭サプリの中でも定評があり、数々の口コミで話題となっている「フレピュア」

そんなフレピュアには一体どんな成分が含まれているのか、気になっている方もいるのではありませんか?

口臭への高い効果が期待できる成分をきちんと配合しているかどうか、または自分の体へ害を及ぼす成分が含まれていないかなどを心配している方もいるはずです。

そこで、ここではフレピュアに含まれている注目の成分から副作用の危険性まで、みなさんが知りたいことを徹底的に丸裸にしていきたいと思います!

フレピュアの成分で気になる部分がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

フレピュアにはどんな成分が含まれている?

ではまず、フレピュアに含まれている成分の特徴から見ていきましょう。

フレピュアへ含有している主な成分は以下の6つです。

なた豆

フレピュアに配合されているなた豆は歯磨き粉にもよく使用されている成分で、口内の汚れを掃除しながらスッキリ感を維持します。

また、なた豆には口の中へ潜む細菌の増加を防ぐ働きがあり、口臭の原因となる歯周病を予防することにも適した成分となっていますよ。

ポリグルタミン酸

ポリグルタミン酸とは納豆にも含まれているネバネバ成分のことを指し、持ち前の粘りの力で口内を乾燥から守ります。

みなさんは口の中が乾燥していても口臭が起きやすくなることを知っていますか?

ポリグルタミン酸には唾液の分泌量を増やす働きがあることから、自然と口の中が潤うようになります。

口臭を予防するためにも、フレピュアのポリグルタミン酸が一役買ってくれそうですね!

シャンピニオンエキス

口臭サプリの代表的な成分といっても過言ではないほど有名なシャンピニオンエキス。

そんなシャンピニオンエキスがフレピュアにも配合されています。

マッシュルームが原料となっているシャンピニオンエキスでは、体内で活動する善玉菌を理想的な数まで増やし、体の内側から起こる口臭を和らげることができますよ。

その優れた消臭効果が認められ、介護や動物病院などでも活用されているようです。

デオアタック

フレピュアに含有しているデオアタックも口臭ケアに役立つ頼もしい成分の1つ。

デオアタックは消臭を目的とした商品に配合されていることがあり、頑固なニオイにも負けずに対応することができます。

そのため口臭サプリに含まれていると嬉しい成分でもあります!

有胞子性乳酸菌&ビフィズス菌

さらにフレピュアでは、生きたまま腸まで届く有胞子性乳酸菌や殺菌力が強い酢酸を生成するビフィズス菌など、腸内をキレイな状態に保つために欠かせない成分も一緒に配合。

そのおかげで普段から腸内に生存し、口臭の原因を生み出している悪玉菌が減り、口臭対策へつなげることができますよ。

体の中をキレイにしながら口のニオイを予防することができるなんて、まさに一石二鳥です!

フレピュアの成分に隠された消臭能力がスゴかった!

前項では、フレピュアの成分について詳しく解説してきました。

そこでここからは、実際にフレピュアの成分がどのようにして口臭へ消臭能力を発揮するのかお伝えしていきますね。

フレピュアは口の中と体内の両方から口臭原因にアプローチをかけ、消臭します。

それらの具体的な詳細を知りたい方は下記をご覧ください。

タイムリーな汚臭に働きかける

口臭には生活の中で起きるものや病的なものなど、様々な原因があります。

そしてその中でもタイムリーな汚臭に当てはまるのが、

  • 食べ物・飲み物・タバコなどで起こるニオイ
  • 口の中の汚れ(歯に挟まった食べ物のカスや舌苔など)から発生するニオイ

これら2つです。

そうしたタイムリーな汚臭へ働きかけるフレピュアの成分が、なた豆とポリグルタミン酸。

なた豆が口の中を清潔にし、ポリグルタミン酸が唾液の分泌を促してニオイの原因となる口腔内の乾燥を予防するのです。

口の中に染み付いて取れない厄介な口臭のニオイを簡単に消臭できるのは、フレピュアの魅力的な点ではないでしょうか。

体の中に蓄積した悪臭へアプローチする

次にフレピュアの成分がアプローチをかけるのは、体の中に蓄積した悪臭です。

胃や腸など、消化器官の環境が乱れていても口から悪臭が漂いやすくなります。

ですがそんな時に体内の悪臭を軽減してカバーするのがフレピュアです。

フレピュアには悪臭の原因となる悪玉菌が集まりやすい腸内環境を整える成分がいくつも詰まっているからです。

ちなみにそれらの成分を挙げてみると、冒頭でもご紹介したシャンピニオンエキス・有胞子性乳酸菌・ビフィズス菌などがありますよ。

フレピュアがあれば、ニオイの消臭が難しい体内の口臭ケアもバッチリですね!

フレピュアの成分に関するアレコレを調査!

口臭への効果をしっかり実感できる成分が豊富に含まれていたフレピュアですが、それらの成分はすべて安全なのかどうか不安を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現在の自分に当てはまるところが1つでも無いかどうか、以下をチェックしながら確かめてみましょう。

フレピュアに副作用の心配がある成分は含まれていないの?

「フレピュアの成分には副作用がないのかどうか。」

これは大半の方が疑問に思われていることだと思います。

しかし健康食品に分類されるフレピュアは副作用を起こす危険性が低く、誰でも安心して使用できる口臭サプリとなっていますよ。

ただし病気やアレルギーを持っていたり、妊娠・出産を控えていたりする場合は別です。

その理由については下記に記載しておきますね。

アレルギーを持っていても飲むことはできる?

フレピュアは自分がアレルギー反応を起こしてしまいそうな成分が含まれていなければ、問題なく飲むことができます。

フレピュアの原材料をチェック↓

フレピュアの主成分 その他の成分
ナタマメ茶末

ポリグルタミン酸(大豆由来)

シャンピニオンエキス末

有胞子性乳酸菌(乳成分を含む)

ビフィズス菌乾燥原末(乳成分を含む)

コーヒー生豆抽出物

レモン果汁末(大豆を含む)

マルトース・還元麦芽糖水飴

デキストリン・ソルビトール・香料

ステアリン酸Ca・微粒酸化ケイ素

酸味料(クエン酸)・甘味料(スクラロース)

原材料にある大豆が原料となっている成分や、乳成分が含まれた成分でアレルギー反応を引き起こしてしまう危険がある方は注意した方が良いかもしれませんね。

フレピュアを使用する時は、あらかじめからアレルギー物質が含まれていないか確認しておくようにしましょう!

妊娠中はフレピュアの使用を避けた方がいい?

妊娠中は特に、女性の体は敏感になりやすくなります。

ですから妊娠が発覚した後はなるべくフレピュアの使用を避けておくのが無難です。

それでもどうしてもフレピュアを使用したい場合は、一度かかりつけの医師に相談してみることをおすすめします。

フレピュアを使いながら違う薬を服用しても問題ない?

基本的にフレピュアと違う薬を併用しても問題ありませんが、必ずしも大丈夫かと聞かれたら断言をすることができません。

そのためもしもフレピュアと一緒に薬を服用する必要がありそうなら、一度かかりつけの医師に相談をしてからフレピュアの使用を検討してみてくださいね!

まとめ

フレピュアには、上記でもご説明したようなたくさんの口臭ケア成分が含まれています。

また、”病気やアレルギーを持っている・妊娠中・薬との併用をしたい”これらのうちどれか1つでも当てはまる場合は注意が必要ですが、大きな副作用はないことが分かりましたね。

フレピュアが安全な口臭サプリだと証明されたところで、ぜひあなたもフレピュアを使用して口の中と体内の両方が原因となって起こる口臭をまとめて予防してみてくださいね!